【全8種一覧】isotype(アイソタイプ)の日本語有料ワードプレステーマは機能と美を追求!

isotypeテーマ

isotype(アイソタイプ)は、Frontline Marketing Japan社が提供するWordPress(ワードプレス)テーマの総称です。
こちらのページでは、記事執筆時に購入可能な8種の価格・リリース日・特徴を一覧で紹介します。

各テーマを使った事例サイトの紹介記事も作成したらこちらにリンクをはっていきますね。

<サイト事例について>
・現在「Readable(リーダブル)」「MOMENTUM(モメンタム)」以外は、当サイトで各テーマを使ったサイト事例を紹介しています。
・各事例記事へのリンクもこのページから確認できます。

isotypeのワードプレステーマの基本情報

WprdPressテーマisotype(アイソタイプ)は、機能美を追求したWordPress日本語テーマ

会社 Frontline Marketing Japan株式会社
支払方法 クレジットカード決済、コンビニ決済
テーマのライセンス 1度購入すれば複数サイトの作成が可能
サポート ・設定マニュアルあり
※メニュあるへの不明点は購入から30日間無償サポート
※HTML,cssの基本的なカスタマイズ方法についてはサポート対象外
・有償にてカスタマイズも受注
こだわりポイント 日本語のタイポグラフィーと、サイト、フォントの美しさと読みやすさ

isotypeのワードプレステーマを一覧(発売日順)でざっくり確認したい方はこちら

isotypeのWordPressテーマは、1度購入すれば複数のサイトの作成OK!縛りがないのでコスパがいい!

Readable(リーダブル)
2021.7.22リリース
14,800円(税込)
・ブログに特化
・「記事の読みやすさ」と「収益化のしやすさ」を追求

MAJESTIC+(マジェスティックプラス)
2017.10.14リリース
27,000円(税込)
・ビジネスサイト向け
・Instagram風、画像のピンチアウト機能
・「MAJESTIC」の機能拡張版テーマが「MAJESTIC+」
MAJESTIC+を使ったサイト事例はこちら
MARBLE(マーブル)
2017.2.25リリース
27,000円(税込)
使い続けられる、飽きのこない、主張しないデザイン
MARBLEを使ったサイト事例はこちら
MAJESTIC(マジェスティック)
2017.1.18リリース
27,000円(税込)
⇒19,800(税込)
・ビジネスサイト向け
MAJESTICを使ったサイト事例はこちら
※このテーマのバージョンアップ版あり(MAJESTIC+(マジェスティックプラス)が上位互換)

MOMENTUM(モメンタム)
2017.5.27リリース
27,000円(税込)
・ショップや企業におすすめ
・TOPページのヘッダーとスライダーは、電話番号や住所等も表示
・Google Mapsをおしゃれにカスタマイズ
MONOMANIA(モノマニア)
2016.1.17 リリース
27,000円(税込)
・ショップサイト、コーポレートサイト向け
・フロントページが1カラムに
MONOMANIAを使ったサイト事例はこちら

MONO IDEA(モノアイデア)
2017.2.12リリース
27,000円(税込)
・ストーリーテリングコンテンツ向け
・フル画面のコンテンツでサイト滞在時間を伸ばす
MONO IDEAを使ったサイト事例はこちら

METRIX(メトリクス)
2019.5.1アップデート
27,000円(税込)
・Google Mapsをおしゃれにカスタマイズ
METRIXを使ったサイト事例はこちら

 

スポンサーリンク

【関連記事】その他の有料日本語ワードプレステーマも見たい方はこちら

デザインプラスのWordPressテーマ「TCDシリーズ」を見たい方はこちら!価格順に紹介しています。各テーマを使ったサイト事例も紹介!

TCD以外のWordPressテーマ「賢威」「isotype」「Grazioso」「WP Avenue」「THE THOR」「BEAU」を価格順で紹介している記事はこちら!

 

スポンサーリンク

ピックアップ記事

関連記事一覧